大島がんばらんば日記
Blog

年: 2010年

『大造ソフトボール部』 設計部PM設計課 本田耕嗣

こんにちは! PM設計課の本田です。乗っている車もHONDAです(笑)。
写真は息子と愛車です。

私が所属するPM設計課では「現図」と呼ばれる仕事をしています。
その中で、私は船体曲面の最終仕上げをする業務に携わっています。
写真は断面図です。ラインの曲率(ヒゲ)を揃えて作成していきます。
机にはPC2台、ディスプレイ3台というハイテクな環境で働いています。

今回は私が所属している「大島造船ソフトボール部」のことを紹介します。
この部は、創部約33年(当社は今年創業37年)と古く、社内に存在するクラブの中では、
おそらく一番古い。メンバーは大島造船所で働く18歳~40代前半の従業員で、
約20名が在籍しています。
雰囲気はとても良く、チームワークはどこにも負けません。
何と言っても造船マンはチームワークが命ですから!!


写真に写っているユニホームは自慢のオーダーメードです。
配色、刺繍、ロゴなどをみんなで相談し、こだわって作りました。(2004年作)
実は私、このチームの監督をしています。

若いときは外野などを守っていましたが、年をとるにつれて体が重くなり、
だんだんと動きが少ないポジションへ…。今ではどこにも行き場がなく、
とうとう監督になってしまいました。
同世代のメンバーはまだまだ現役で頑張ってますが…。
唯一の楽しみは監督の特権を活かして「代打オレ!」って言うことくらいでしょうか。
(職権乱用??)(写真5参照)

こんなことを許してくれる良い仲間達に囲まれワイワイ騒ぎながら楽しくやっています。

今年は新人がたくさん入ってきました。来年が楽しみです!!

『自転車とトライアスロン』 工作部加工課 山本尚生

こんにちは!
工作部加工課の山本です。
加工課では鋼材の受け入れ→ショットブラスト→切断→配材→運搬の順に
作業を行っています。

本工場がある大島町では毎年トライアスロン大会が開催されています。
私も入社以来、毎年欠かさず参加しています。
今年の大会は口蹄疫問題により、開催が危ぶまれましたがたくさんの方々のご協力があり
無事開催することができました。
今年は51.5kmの部に参加しました。
結果は・・・???
昨年のものですが大会後同じチームメイトと集合写真↓

さて、休日はトライアスロンの練習も兼ねて自転車(ロードバイク)に乗っています。
自転車は車では感じられない景色や空気を味わう事ができます。
100km先のラーメン屋やハンバーガーを食べに行くことも(笑)
また、車に自転車を積み遠くの地域にまでサイクリングに行くこともあります。
自転車は屋根に積みます↓

休日は練習ばかりやっていると思われがちですが、実は最近は仲間と山に
登るようになりました。
*自転車ではなく自分の脚です。
山頂に着いた時の気分はトライアスロンレースを完走した充実感と似たものがあり
気持ちが良いものです。
ただ慣れていないせいかトライアスロンよりきつい
写真は大村の経ヶ岳に登った時。

西海トライアスロンin大島は来年も開催(7/3)されますので多くの方の参加と
チャレンジ待っています!

?

『バイク大好き大島人』 船舶営業部業務課 工藤京介

こんにちは!
入社4年目の工藤(26)です。

大島はツーリング先として有名であり、大勢のバイク愛好家が
島外(長崎市・佐世保市)から訪れます。
当社にも多くの愛好家がいます。私もその一人です。
今回は、私のバイクライフをご紹介します。

私はバイクを2台所有しています。そのバイクを寮の駐車場で整備することが
一番の楽しみです。自分で手に負えないときは造船所の目の前にある
「松栄モータース」というバイク屋さんにお願いしています。

休日になると、バイクが好きな会社の先輩達とツーリングに出かけます。
ちなみに私のバイクはオレンジ色です。(写真一番左)

当社にはバイク以外でも色々な趣味を持ってる社員が沢山います。
みんな結構アクティブですよ。

『ある休日』 動力設備部設備課 平部治之

こんにちは、動力設備部設備課の平部です。
年こそ取っていますが、まだまだ中途入社の1年生です。(笑)
私は造船所において船を造る設備の計画や設備のメインテナンスを
行っている部署に所属しています。

今回は職場の様子ではなく、ある休日の様子をお伝えしたいと思います。

私は以前ボランティア活動をするためにボツワナ共和国(アフリカ南部)に
在住していました。今回、ボツワナ共和国大統領の歓迎イベントが
東京で開催されると聞き、私は週末の連休を利用して参加してきました。


『ライブの様子』


『バンドメンバーと握手をするカーマ大統領』

イベント会場ではボツワナのミュージシャンやダンサーが参加するライブ、
ボツワナの観光を紹介する展示会などが数日に渡り行われていました。

写真は来日していたボーカルのバンジョ・モセレ(写真右)さんと
バンドメンバーのメリキさん(写真左)です。
彼等は、私が住んでいた村の出身だということが判明し、ローカルな話題に
当時の記憶がよみがえりとても懐かしく思いました。

大島で造った船が現地でお世話になった人たちの生活に関わることが
できたら嬉しいなぁと思い、後ろ髪を引かれながら長崎への帰路に就きました。

『精霊流し』  管理部情報システム課 福田秀樹

管理部 情報システム課の福田です。
当課では、社内の様々な業務が円滑、かつ効率よく行えるよう、
種々のシステムの開発・管理を行っています。
その中で、私は主に設計部関連のシステムを担当しています。
今回は会社・大島をちょっと離れ、長崎市で行われる精霊流し(しょうろうながし)につ
いて紹介します。精霊流しとは、初盆を迎え家族の元を訪れた故人の霊魂が再び極楽浄土
へと戻っていく際に、精霊船に乗せて見送っていくという仏教行事です。この精霊船は、
各家庭での手作りであったり、業者に注文したり、自治体で出したりと様々です。また、
船の大きさは、一人で抱えて行くような物から、20mを超える様な物まで大小様々です。
一般的によく見られる物は、5~6m前後ではないかと思います。


左上:父の作品 右上:変わった船 下:2連の大型の船

さて、今年は父の初盆でした。父は祖母らの精霊船等を手作りで作っていましたので、
是非とも父の精霊船も手作りで作りたいと思い、兄を中心に製作しました。私も、週末や
お盆の長期休暇を利用し製作に参加。造船マンとしての腕を振るってきました(?)。
いざ作るとなると、図面等は残っておらず、写真を参考に試行錯誤での製作でしたが、
十分立派な物が出来たと思います。

義父の時には、私が中心となって製作しましたが、大島町内の百合ヶ岳の駐車場で誰も
居ない時に作ったり、社宅で作ったりしました。また、長崎までの運搬を考慮し、
組み立て式の小型の船としました。

お金を出して業者に頼めば立派な物ができますが、心を込めた手作りの船に勝る物はない
と思いながら、邪霊除けの爆竹の喧噪の中、父を見送ってきました。

『西海町通勤会』 管理部管理課 比屋根功

こんにちは!管理部 管理課の比屋根です。
管理の仕事は、工場の工程(線表)、予算(起業費・部門費・直接経費)等を管理する所で、
3人の精鋭部隊で働いています。

今回は、会社の同僚で結成している “サークル?”をご紹介します。20年くらい活動
している伝統ある会で、正式名称は“西海町通勤会”と呼んでいます。昔は橋が未だ架かっ
てなく造船所のあるこの大島は離島で、約15分かけフェリーで通勤していました。
西海町通勤会は、その時の通勤仲間で結成されたのがはじまりと聞いています。

現在メンバーの住居は、“西海町・大島町・佐世保市等”で構成され呼称とは一致せず、
職場は、“工作・設計・業務・管理”、年齢構成は20~60代で定年者も来る
様々なメンバーで構成されています。

イベントは基本年に3回? 花見・バーベキュー・温泉旅行があります。
毎年のイベントをご紹介します。

“春の花見”
 
例年渦潮で有名な西海橋で行っています。鉄構部が造った新西海橋もあります。

“夏のバーベキュー”
 
筆者は、最後方左端です。今回は、焼肉屋で行いました。

 

“冬の温泉旅行”
 私が幹事だった時、熊本へ行きました。その道中の写真をご覧下さい。
 その時のテーマーはズバリ “自然の美を愛する者の旅”でしたが、かなり道が狭く、結
 構怖かった。また美しい自然を見ながらのバス車中は、楽しい。
しかし、お隣さんに注意 しないと飲み過ぎてしまい、旅館に着いた時にはダウン・・・・・・。
 ちなみに初参加の年、バスで潰され宴会のごちそうは眺めているだけでした。
   

熊本県八代市の“五家荘”での写真

熊本県上益城郡山都町の“通潤橋”での写真

熊本県人吉市の“鹿目の滝”での写真

?最後に、色んな職場・年代が集まり 和気あいあいと、時には仕事の事、時には私的な
事を相談しながら楽しく活動しています。

『大島ライフ』 設計部基本計画課計画グループ 久保憲一

入社6年目設計部基本計画課の久保です。
今回は大島での日常私生活を少し紹介させて頂きます。
(設計)計画屋として、常に時代のニーズに対応できる技術者を目指すため(という口実で笑)
常にアンテナを張って、いろいろな事に目を向けて生活しています。

9月某日(その1)
定時後、ふれあい倶楽部(当社福利厚生施設の居酒屋)に直行です。
今晩は、『南社長と若手社員の懇親会』と題した飲み会です。
南社長は主に、東京で仕事をされていますが、本日は大島工場を
訪問されていたため、このような企画が催されました。
総勢20名ほどが集まり、宴が始まりました。
社長はもちろんのこと、普段はあまり会う機会が少ない他部署の方と
意見交換ができる、良い機会になりました。

9月某日(その2)
仕事後、久しぶりにプールで汗を流してきました。
大島の隣町に温水プールがあるので、一年中水泳が楽しめます。

9月某日(その3)
同僚と住まい(青雲寮)近くのスナック・バーでカラオケ大会開催。

10月某日(その4)
友人の結婚式で沖縄へ行って参りました。
ついでに、スキューバダイビングを体験してきました。
海の中を自由に泳ぎ回る感覚は、病みつきになりそうです。


突然ですが、ここで問題です!
以下写真のうち、沖縄の海以外の写真が一枚あります。どれでしょうか?


正解は右下の写真。大島の海です。
(以前に魚釣りに出掛けた際、撮影したもの)
次回は大島の海でダイビング!? これも魅力的かもしれません。

『橋梁なども造ってます。』 鉄構部鉄構設計課 松田明徳

ご安全に!
鉄構設計課の松田です。

当社は造船会社ですが、船だけでなく橋梁などの鋼構造物も造っており、
私は主に橋梁の設計を行ってます。(HPの鉄構事業の方もご覧下さい!)
橋というのは、歩いて(または車で)行けないところに出来るものですから、
小さい橋でも身近なところに出来上がると、良くも悪くも生活環境ががらりと変わりますよね。
私は、「この橋が出来て良かった」と地域の方に思って頂けるように頑張っています。

さて、私が担当している現在の工事は「清武橋」です。
場所は高速道路の宮崎自動車道と東九州自動車道が分岐する清武JCT。
日南方面の東九州自動車道の延伸により、現在のT字分岐を十字分岐にするため、
清武橋とA1ランプ橋という二つの橋を架けます。

こちらが清武橋の予定地。奥に見える既設橋の隣(手前)に出来ます。

こちらはA1ランプ橋の予定地。カーブした橋となります。

橋長は35m程度と規模としては小さいですが、高速道路上に架けるので工事としては
大変です。高速道路を全面通行止めして、2橋を一夜間で架けてしまいます。

今は設計の真っ最中で忙しい毎日ですが、完成して皆さんがそこを通って行くのを
心待ちにしています。(高速道路が開通するのは平成25年以降と大分先ですが・・・)