大島がんばらんば日記
Blog

月: 2022年5月

『仕事内容について』 艤装工作部運転課 矢野大地

ご安全に。
入社7年目 艤装工作部運転課の矢野です。
私は、船が航行する際に必要不可欠なプロペラや舵、それらの動力源である主機の据え付け業務を行っています。

今回は、私の仕事の内容について紹介します。

軸芯仮見通しの風景です。

軸芯仮見通しとは、船の主機を据え付ける場所を決める、とても緊張感があり、重要な仕事です。

主機搭載の風景です。

ゴライアスクレーンを使用し船に搭載していきます。

プロペラ搭載の風景です。
レッカーやクレーンを使用して搭載します。
プロペラを落とさないよう事前検討を行い、傷をつけないように慎重に搭載していきます。

その後、圧入検査という、入れ込み検査を受検しとりつけます。

いよいよ進水です。
進水したら、実際に船が浮くため、主機と軸を設計通りになるように、調整していきます。
その後、主機をチョックファーストで固めていきます。

実際にチョックファーストを流している様子です。

どの作業も緊張感があり、少しのミスが大きなトラブルに繋がりますので、責任感をもって業務に取り組んでいます。


運転課の先輩方は、みんな優しく、分からない事・不安な事は気軽に質問・相談ができる雰囲気です。

これから、暑く大変な季節がやってきますが、熱中症に気を付け、安全作業で取り組んでいきます。

『インドア派の休みの過ごし方』 設計部電装設計課電装詳細係 永松昌一

電装設計課の永松です。
主に電気機器機器の取付台の作図業務を担当しています。

さて…GWです!

ブログを書くにあたり色々考えた結果、趣味について書いていくことに決めました。

突然ですけどGWなんかの連休に入る前って色々やりたいこと考えるけど
いざ休みになるとダラダラして過ごして終わってしまう事ってありますよね
( ゚Д゚)

そんな休みも魅力的ではありますが、私の好きなことをあげていきます(^^♪

自分で言うのもなんですが、子供がそのまま大人になったみたいなものですので
趣味も…

ゲーム
プラモデル
読書 などなど…

その中でも今回のテーマは… ドン!

”積みプラを崩せ”です!!


積みプラってワカリマスカ?( ゚Д゚)

簡単に言うと買って作らずにそのまま置いているプラモデルです。

一部ですがこんな感じ…。

箱も大きいためかなりの場所をとります。

作る数より買う数が多かったらそりゃたまっていきますよね。

新作出るんだからしょうがないですよね!!

しょうがない!!(‘ω’)ノ

今回は・・・・君に決めた!

みんな大好きリックドム!!

最近のプラモはよくできています。

接着剤もいらないし色分けもきちんとされていて

作るだけでそれなりのものが出来上がるってわけです。

私の子供の頃のプラモなんて白一色とかだったのに・・・

さて早速作っていくわけですけど… 説明書なんて飾りです。

必要なパーツ全部切り落としてしまいましょう。

でもちゃんとパーツは分けておきますよ。

さてここまでですでに作り始めてまるっと2日経っております。

切り落としたらあとはパチパチ組み立てるだけです。

途中で色々アレンジを加えた結果
(色々ってあれです…! 色々です ( ゚Д゚) )

完成!
シャア専用リックドム

なんだかんだで製作日数は5日。

連休を費やして出来たのは1体!

まぁ連休がないとこんな感じにじっくり作ることもないので・・・

良かったのではないでしょうか・・・

さて今回のテーマ

積みプラを崩せ!   ですが

積んだプラモが家からなくなる日は来るのでしょうか・・・

それでは今回はここまで!

またいつか。

『休日の過ごし方』 財経部大島経理課 永島直美

ご安全に。 財経部大島経理課の永島です。

主な仕事内容として、請求書の発行や入金の確認処理をしています。
“経理課”というと堅苦しい雰囲気を想像されるかもしれませんが、
大島経理課はとても和やかで楽しい職場です。

折角の機会ですので個性豊かな面々の紹介をしたいところなのですが・・・
それはまた次の機会にということで。

私は海鮮がとても好きで、美味しいお店があると聞くとすぐに車で出掛けます。
この日も、定時後に唐津のお寿司屋さんへ。

お刺身がとっても新鮮で、特にイカがあまくて美味しかったです。
ちょっと量は少なかったけど・・

さすが呼子のイカ!!!!

陶器を見たり、窯元巡りをするのが好きです。
波佐見焼は“買える”手頃さが私の心を掴んで離しません(^^)

この日に購入したのはご飯茶碗、醤油さしetc・・・
一番のお気に入りは木製のスープカップです。
陶器だけでなく、いろんな雑貨が楽しめるのも波佐見焼の面白いところです。

いつも行くお店の方が大島トマトの大ファンで「ちょっとお願いできますぅ?」とトマトとメロンの注文を頂きました。
人との出逢いも陶器巡りの醍醐味の一つです。

4歳の孫っちと(召使いとして)遊んでいる時間はとっても癒やされます、、、が、
1時間の散歩の後「抱っこぉ~」で坂道上り下り。
なかなかのスパルタです!

いつまでも一緒に遊んでもらえるように、パワフルで面白いばぁばでいたいと思います。