特長
Strength

わたしたち大島造船所は、
心ひとつに特色ある世界一造船所をめざします。

特徴 特徴

特長1
ばら積み貨物船(バルクキャリア)への特化を通じた、世界一の生産性

当社は数ある船種のなかで、最も汎用性が高くニーズが強いばら積み貨物船の建造に特化しています。建造船を絞り込むことにより、ばら積み貨物船建造に最適化された建造工程、設備を備え、世界一の建造効率を実現してきました。2001年、ミシガン大学のレポートで生産性が世界一であることが実証され、それ以降も生産性を大きく伸ばし、生産効率の高さでは引き続き世界をリードしています。

ばら積貨み物船への特化を通じた、世界一の生産性

特長2
ばら積み貨物船への特化がもたらす、顧客価値の深化

ばら積み貨物船への特化による建造量の拡大に加え、それによりもたらされる質の高さも当社の強みです。ばら積み貨物船の連続建造によってこそ可能となる継続的なフィードバックを通じ、設計の最適化による品質・燃費・荷役性能の向上を実現させています。また、ばら積み貨物船の建造実績の豊富さにより、顧客ニーズへの対応力を高めています。製造面ではばら積み貨物船の連続建造に最適化した設備、工法により、品質を向上させると共に、新たな知能化工場建設への取り組みも始めており、更なる競争力向上を見込んでいます。

ばら積み貨物船への特化がもたらす、顧客価値の深化

特長3
最先端技術への積極的な取り組み

ばら積み貨物船建造で確立したノウハウに安住することなく、新技術へのチャレンジを続けています。日本初の自動操船機能を有する完全バッテリー駆動船「E/V e-Oshima」(グッドデザイン賞受賞)、風力を推進力に変えて進むウィンドチャレンジャー(日本船主協会の設計基本承認取得済み)、LNG燃料船、船底から吹き出す空気による空気潤滑法の実用化(対象船はシップオブザイヤー受賞)等の新たな技術にチャレンジし、造船業界において実用的な技術開発をリードしています。また、先端技術への取り組みを加速するため、船級協会や大学との技術提携も行っています。

最先端技術への積極的な取り組み

特長4
多様なバックグラウンドを持つ人材が活躍する組織

大島造船所は多様な人が働ける職場です。男性の職場と思われがちですが、150名以上の“造船女子”が活躍し、結婚・出産を経て職場に復帰する“造船ママ”も続々と誕生しています。また、社内各部に米国、英国、中国、韓国、インド、ベトナム、ウクライナ、ミャンマー、インドネシアの9カ国の社員が在籍するとともに、天下に広く人材を求め、他造船会社は勿論、商社、金融機関、通信会社などの幅広い職種から人材を迎え、生え抜き社員とともに、大島の文化を創り上げています。

多様なバックグラウンドを持つ人材が活躍する組織

特長5
「地域と共に」地域への貢献

「地域と共に」をスローガンに掲げ、本業による雇用、納税にとどまらず、地域活性化に向けた取り組みも行っています。全島を挙げて行う命名式、島内子弟の学業支援のための学習塾「智翔館青雲学舎」へのサポート、橋梁、浮き桟橋等を手がける鉄構事業部による地域インフラへの貢献、地域産業活性化からスタートしたトマト栽培、焼酎製造なども行っています。また、例年7月には地域活性化を目的としたトライアスロン大会への特別協賛も行っています。

「地域と共に」地域への貢献