建造工程
Building Process

大島造船所の船の建造工程をご紹介します。
お客様のニーズを満たす、機能性・経済性の良い船を建造しています。

建造工程 建造工程

お引き渡しまでの流れ

お引き渡しまでの流れ

1. 営業・契約

1. 営業・契約

当社は住友商事(株)をパートナーとし、国内外の顧客と商談を進めています。国内外顧客ニーズに応じ、設計部と密にコミュニケーションをとりながら、適切な船型、納期、金額等について顧客へ提案・調整を行い、造船契約を締結します。

2. 基本計画

2. 基本計画

顧客のニーズに対し、それらを満たす船の仕様、配置、性能、予算、ルール適用などの計画を行います。建造船のコンセプトを決定する工程で、顧客にとってどのくらい機能性・経済性の良い船になるかを決める作業となります。

3. 基本設計

3. 基本設計

基本計画をもとに、各部門(構造、船装、機装、電装)における具体的な仕様の策定を行います。中央横断面図や配管系統図、配線系統図などの基本図を作成し、詳細設計の基となる図面の作成を行います。

4. 詳細設計

4. 詳細設計

各部の基本設計をもとに、実際に建造するための図面を作成していきます。上流の設計情報を、正しく生産情報に転換していくための作業です。

5. 生産設計

5. 生産設計

建造船のブロック分割を決定し、施工要領および現場での作業用図面の作成を行います。現場での生産性の高い作業を行うための計画となる重要な工程です。

6. 生産計画

6. 生産計画

納期をもとに、起工、進水、試運転、引渡等の大日程を決定し、それをもとに詳細日程を決定していきます。同時に建造するほかの船の作業量を勘案し、工場全体として無理のない工程を組むことが重要となります。

7. 製造

7. 製造

鋼板の切断、溶接により、部材をブロック状にくみ上げていき、最後は大型クレーンでブロックを建造ドック内に運び込み、溶接を行い組み立てます。

8. 試運転

8. 試運転

スピードや燃費をはじめとする性能チェックや不具合箇所が無いかを確認するため、1〜2泊の工程で海上試運転を行います。ここまでくれば引き渡しまであと一息です。

9. 引き渡し

9. 引き渡し

引き渡し調印の後、命名式により、本船に名前が授けられます。その後、船主様や荷主様をはじめとするお客様や地元町民の皆様に見送られて、最初の寄港地に向けて出港します。

命名式について