大島がんばらんば日記
Blog

カテゴリー: 語学留学

『セブ島語学留学』資材部鋼材・主機課 緒方康平

入社20年目の緒方です。
私が所属している資材部の仕事は船舶・橋梁の材料を調達することです。
今回は、2年前に行ったセブ島での1ヶ月間の語学研修を紹介したいと思います。
なぜこんな古い話をするかというと、日本とかけ離れた環境で過ごした1か月間の体験が今だに脳裏に焼き付き人生の財産になったと思ったからです。主に、以下の三つのことが印象に残っています。
まずは、1ヶ月間のセブ島生活を通して、自分が日本で如何に恵まれた生活をしているかということを認識出来たことです。特に日本の上下水道の素晴らしさがわかりました。日本に帰ってきて我が家の風呂に入ったとき、自分が王様になったような感覚になりました。
次に、現地で出会った人たち(先生方や20才前後の生徒達)が、みんな陽気で前向きで向上心がとても高いことに、刺激を受けたことです。担当の先生や韓国人の生徒と友達になれたのがうれしかったです。
最後に英語を好きになれたことです。主目的であったTOEIC成績は未だ芳しくありませんが、この経験のお陰で英語に対する抵抗がなくなり英語を好きになることができました。いつの日か、家族と一緒にもう一回行きたいな~と思っています。

以下は語学学校です。通っていたのは20代前後の韓国・中国・台湾人の学生達がほとんど。学生時代にタイムスリップした感覚で、とても新鮮でした。

ENTRANCE
24h/365day
police常駐

食堂
普通においしい
ふりかけあれば尚good
BED ROOM
2~3人での共同生活
エアコン強烈
Unit Bath
ティッシュは黒いゴミ箱へ投入
シャワーは目に入ると激痛
中々刺激的でした

個人レッスンしてくれた4人の先生方

車で4時間掛けて通勤 大家族の長女
先生というより友達という感覚で
雑談ばかりしていました
買ってきてくれた地元のお菓子おいしかった~
陽気でスラムダンク好きの先生
いつも冗談ばかり言って笑わせてくれたが、この先生が一番 優秀だったな~
この授業が一番テンション
あがったな~
お互いの恋愛話でいつも盛り上がって いました(もちろん英語で)
コーヒー大好き先生
この先生のおかげで、卒業プレゼンが大成功しました

超ド緊張した、 15分間のプレゼン
テーション(1ヶ月間の集大成)
卒業式

セブでのプライベート
毎週末、語学学校が主催するアクティビティに参加しました。ジンベエザメと一緒に泳ぐ等、恐怖と感動の数々。貴重な体験でした。

毎週通い詰めたBBQ屋さん
上客だったらしく、お店のTシャツをプレゼントして
貰いました

『英国留学レポート』設計部船装設計 大津好清

『英国留学レポート』設計部船装設計 大津好清

ご安全に。
去年の10月から今年の3月までの約5ヶ月間、語学留学のためイギリスのケンブリッジに滞在しました。滞在中の学校生活や私生活についてご報告致します。

語学学校

私が通った語学学校はイギリスのケンブリッジにあり、街の中心地からバスで20分程郊外へ離れたところに建っています。学校には世界各国から学生や社会人が集まり、年齢や国籍に関係なく同じクラスで一緒に語学学習に励んでいました。高校生や大学生で語学学校に留学している学生たちは主にイギリス等の英語圏の大学へ進学するために、社会人は仕事のためや趣味など様々な目的で学んでいました。また、在学期間もバラバラで、短い方は1週間だけ、長い方は1年間学校に通っていました。

学校では英語のレベルや受講科目のコースごとに約10~20人のクラスに分けられます。日本の学校のように先生が黒板の前で説明するようなスタイルではなく、一つのテーマに対し周囲の生徒と話し合って意見を決めてそれを発表することが多くありました。そのため常に自分の意見や考えを人に伝えなければなりませんが、初めは何をどのように話せば良いか分からず話し合いに上手く参加できないこともありました。しかし、授業に慣れるにつれて少しずつ自分の考えを伝えられるようになり、周囲の生徒の意見も理解できるようになりました。

私のクラスにはサウジアラビアなど中東から来た生徒が多かったのですが、彼らは英語の文法が間違っていてもそのまま沢山話して自分の意見を伝えるので、アジアの生徒と比べて話す能力が非常に長けていると感じました。一方で読み書きについてはアジアの生徒の方が早く正確であり、地域によって生徒の英語能力に違いがあると感じました。

『英国留学レポート』設計部船装設計 大津好清

ホストファミリー

私がお世話になったホストファミリーは夫婦と子供3人の5人家族でした。留学生は私1人でしたが、家族の皆さんに温かく迎え入れて頂きました。夜は毎日家族皆で食事をとりながら会話を楽しみました。下の子供達は5歳の双子ですが、彼らが早口で話すと時々聞き取るのが難しく、やはり小さい子供でもネイティブの人の会話スピードは違うなと非常に驚きました。それでもネイティブの方々に囲まれて会話するのは学校と違って良い勉強となりました。食事はイギリスの伝統料理が多く、ほぼ毎日マッシュポテトと煮豆が出てきましたが、現地の食文化を体験することができました。

『英国留学レポート』設計部船装設計 大津好清

現地での私生活

週末は学校が休みでしたのでイギリスの様々な街に出掛けました。博物館や美術館にも足を運びましたが、驚いたのはこれらの施設で働いているご高齢の方が非常に多いということです。杖をついたり、電動車椅子で移動したりしながらテキパキと仕事をこなしていく姿は非常に印象的でした。皆さん働くのが楽しいからという理由で博物館に勤められているそうで、イギリスの方は年齢に関わらず非常にエネルギッシュだと感じました。

『英国留学レポート』設計部船装設計 大津好清

最後に

今回の留学を通じて向上した英語をこれからの業務に生かすことで会社へ貢献していきたいと考えています。今回このような素晴らしい機会を与えて下さった南代表、平賀社長をはじめとする会社の方々、不在中の業務を支えていただいた船装設計課の皆様に心より感謝申し上げます。

『英国語学レポート』船殻工作部部建造課 眞田誠

『英国語学レポート』船殻工作部部建造課 眞田誠

ご安全に。
今年の4月から10月までの約5ヶ月間、語学留学のためイギリスのケンブリッジに滞在しました。滞在中の学校生活や私生活について報告致します。

語学学校

私が通った語学学校はイギリスの首都ロンドンから電車で約1時間北に位置するケンブリッジという小さな街の郊外にありました。学校には世界各国から学生や社会人が集まり、語学学習に励んでいました。中でも、英語を身につけ海外の大学に通うことを目指す意識の高い学生が多く、とても刺激的な環境で英語を学ぶことができました。

学校では生徒のレベルに応じて、10名程の少人数クラスで授業を受けます。日本の学校では先生が生徒に意見を求めることは少ないですが、語学学校では常に対話しながら授業が進みます。また、日本の生徒は意見を述べることが苦手ですが、ヨーロッパ系の生徒は得意で積極的に発言し、聞かれた以上のことまで答えます。留学当初は、頻繁に質問されることに戸惑い、周りの生徒の会話力に圧倒されていました。しかし、先生方の助けもあり、時間が経つにつれて授業の中で自分の意見を持ち、英語で説明できるようになりました。

授業のテーマは、母国の文化を他の生徒に紹介するプレゼンテーションや、映画の紹介文を書くライティングなど多岐にわたり、総合的な英語能力を身に付けることができました。

『英国語学レポート』船殻工作部部建造課 眞田誠

ホストファミリー

私がお世話になった家族は、気さくで冗談の好きなホストファザーと温厚なホストマザー、私を含めて3人の留学生の計5人が一軒家に住んでいました。夕食はイギリスらしく豆や肉を使った料理が多く、味付けは殆どありません。良くも悪くも、現地の食文化を肌で感じることができました。

夕食時には、家族みんなでテーブルを囲み2時間ほど会話を楽しみます。ホストファザーが陽気に話す冗談を聞き取り、受け答えをしなければなりません。留学当初は会話に参加することに必死で、食事も楽しめないほどでした。5ヶ月が経ち、ようやく語学とユーモアを理解し始めましたが、私にとって食事の時間が最も難しい英会話の勉強となりました。

現地での私生活

私はイギリスのスポーツ文化に興味があり、サッカーの試合やテニスの大会に足を運びました。イギリスはサッカー発祥の国で、国民のサッカーに対する熱意がとても強いです。普段のテレビや新聞でもサッカーのニュースが大半を占めます。スタジアムでもサポーターが大声で悪いプレーにはブーイングを、良いプレーには拍手し、サッカーを心から愛していることが伝わってきました。6月に開催されたワールド杯では、イングランドが4強に残ったこともあり、パブと呼ばれる大画面テレビのある居酒屋では、毎日現地の人が熱狂していました。

『英国語学レポート』船殻工作部部建造課 眞田誠

また、学校で知り合った友人と、週末にパブへ食事に行ったり、他の街へ旅行したり、様々な国から来た人と交流することができました。育った環境や文化の異なる友人との会話はとても新鮮です。私たちにとって当たり前であることが、他の国の人にとっては異常であることがあります。1つ例を挙げると、日本では年長者を敬い祖父を「おじいさん」と呼びます。しかし、ヨーロッパでは下の名前で「トム」のように呼び捨て、むしろ「おじいさん」と呼ぶと、親しみが込められていないと受け取られ、失礼にあたると言うのです。さらには、会社内の上司に対しても、下の名前で呼び捨てるのです。現地の文化に私も驚きましたが、フランス人の友人も日本の文化に驚いていました。

出会う人・物すべてが新しく、何もかもが新鮮な毎日を過ごすことができました。

『英国語学レポート』船殻工作部部建造課 眞田誠

最後に

英国留学を通じて、英会話力を向上させることができました。これからの業務で生かし、会社に貢献していきたいと考えています。今回このような素晴らしい機会を与えてくださった南代表、平賀社長をはじめとする会社の方々、不在中の業務を支えていただいた建造課の皆さまに心より感謝申し上げます。

『英国留学レポート』基本設計部基本設計1課 冨田英輔

『英国留学レポート』基本設計部基本設計1課 冨田英輔

ご安全に。
昨年の10月から今年の3月までの約5ヶ月間、語学留学のためイギリスのケンブリッジに滞在しました。滞在中の語学学校での生活や私生活についてご報告致します。

語学学校に関して

私が入学した語学学校はケンブリッジの中心部からバスで20分程の場所にあり、世界各国から学生や社会人が英語を学びに来ていました。英語を学んで海外の大学に通うことで、より優れた教育を受けたいという目的を持った方も多く、とても刺激を受ける環境であったと思います。

図形学校では学生のレベルごとにクラス分けがされており、筆記と面接の結果で割り振られるようでした。入学当初は、先生からトピックを提示され学生同士で話し合う時間が苦手でした。というのも、私のクラスにはアラブ系の方々が多く、彼らは英語で話すことは得意ですが、文法や読解が不得手という傾向があったので、はじめは彼らの話すスピードについていけないことがよくあったからです。しかし、英語が上達し、ある程度の会話ができるようになると、異なる環境・文化で育った彼らとの会話は新鮮で楽しい時間となりました。

『英国留学レポート』基本設計部基本設計1課 冨田英輔

ホストファミリーに関して

私がお世話になった家族のホストファザーは大阪に23年間住んだことのある方で、日本語が話せ、日本文化にも詳しい温厚な方でした。ホストマザーはタイ出身の方で、夕食時には様々なタイ料理やイギリス料理、更には時々お好み焼きやカツカレーを出してくれる、料理上手な方でした。また、小さな娘さんと息子さんがいて、おすすめの本を教えてくれたり、一緒にテレビを見たりしました。

現地での私生活について

私の入学日に韓国出身の同年の男性も入学してきて、彼とは同じクラスだったこともあり、休日も一緒に出かけるなど仲良く過ごしました。そんな彼とロンドンに出かけた時にハプニングが発生しました。その日はブラックフライデーというバーゲンの日で、ロンドンの繁華街へ買い物に出かけました。何件かお店をまわって地下鉄に乗ろうと階段を降りている時、電光掲示板にEmergencyという文字が表示され、大勢の人が階段を上がってきました。重武装した警官達が逆に地下へ向かっていくのを見て、何か事件が起きているのだと考え、私たちも急いでその場を離れようとしました。しかし、ブラックフライデーということもあり、その通りは大勢の人々であふれており、思うように離れることができませんでした。地下鉄への入口から離れていく間にも続々と警官達が現場へ向かって行き、その最中に急に悲鳴が聞こえて大勢の人が一気に走り始めるなど、地下鉄内でテロが発生したとしか思えないような状況でした。幸いにも、発砲があったと勘違いした人の通報により大騒動になっただけで、何も起こっていなかったというのが真相だったのですが、当時は初めて経験することで非常に怖い思いをしました。しかし韓国出身の友人は、韓国には徴兵制度があり、そういう状況での対処方法も学んでいたため、私に比べて落ち着いていました。その事実について私は衝撃を受けましたが、一方で日本の治安面の良さを再確認する出来事ともなりました。また、海外ではこういうことも起こり得るという気構えを常に持つことも重要であるということを学んだ瞬間でもありました。

『英国留学レポート』基本設計部基本設計1課 冨田英輔

週末は友人達と集まって、食事会をしたりパブに行ったり、他の町に出掛けたりして過ごすことが多かったのですが、この時間が私にとって英会話の上達を大きく進める一番の時間になったと思います。お互いに英語を学んでいる身なので、現地の方に比べると拙いながらも楽しく会話をし、うまく意思が伝わらないときや表現がおかしい時には言い回しを変えたり指摘しあったりしていく中で英語を学ぶことができ、語学留学をしなければ得られない貴重な環境であったと思います。

最後に

ケンブリッジでの生活は初めて経験することが多く、とても新鮮で楽しく、正に夢のような時間でした。また、英語を公用語とする国で暮らすことで私の英語能力はかなり上達したと実感している為、これからの業務でも積極的に生かしていけたらと考えております。今回、このような貴重な経験をする機会を下さった南代表、南社長を始めとする会社の方々、不在中の業務を支えて下さった基本設計1課の皆様方に深く感謝を申し上げます。