大島がんばらんば日記
Blog

月: 2022年4月

『ようこそ長崎へ』 生産管理部生産技術課船殻計画係 山田康晴

ご安全に。
生産技術課の山田です。
主にブロックの吊り運搬検討や船殻に於ける施工要領検討等を担当しております。

今回は春休みに県外から遊びに来た姪っ子達(PCR検査済み)とのふれあいを通して感じた事について書きたいと思います。

「春休みに10日間お世話になります」県外に住む姪っ子達からの一報。
子供達だけで長崎に遊びに来る。せっかく来てくれるのだから長崎の魅力を伝えたい・・・。

とりあえずネット評価が高い所に行ってみよう!という事で先ずは「長崎市科学館」に行きました。

現れたのはジャイアント・カンチレバークレーン!思わず私の方が興奮してしまいました。
よく見ると長崎の暮らしを支える科学という事で、船で運ばれた資源がどの様な形で街に届けられているかが表現されており、子供達も楽しく勉強する事が出来ました。無料の工作教室も充実しておりました。

続いてハウステンボス。此方はもう言わずもがなですね。
綺麗な花は勿論の事、乗馬やキッズコーナーに大喜びでした。
特に手動のトロッコが気に入ってくれた様でした。エコで運動にもなるのでお勧めです。

続いてバイオパーク。此方は私が大好きなので強制的に連れて行きました(笑)
カピバラを気に入ってくれた様で「ずっとここに居られるね」と有り難い事を言ってくれました。

続いてi+Land nagasaki。伊王島全体で様々な体験をする事が出来、大変満足でした。
特に温泉プールを気に入ってくれました。妻の両親も合流し、久々の孫とのふれあいを楽しんでおりました。

最後は九十九島パールシーリゾート
遊覧船、カヤック体験、海きららと体験系のコスパが素晴らしく、海とふれあう事が少ない姪っ子達に長崎の海について紹介する事が出来ました。

駆け抜けた10日間。先ずは子供達が満足してくれた事に一安心しました。
子供達と遊ぶ事に依って私自身今までにない経験をする事が出来ました。有り難い事です。
同時に子育ての大変さを知る事が出来ました(ほんの一部だけですが・・・。)

大島造船所では育休等の制度改善に力を入れていますが、私自身はあまり深く考えた事がありませんでした。

「環境を変えるのは自分の職場から」という事で、今回の経験を活かし若い世代が安心して働ける環境作りについてもっと真剣に考えていこうと思いました。

『橋の現地工事』 鉄構部工事課工事一係 中尾陽

ご安全に!入社3年目、鉄構部工事課の中尾です。
私は橋梁の現地工事の仕事をしています。

今回は、私が現在働いている新神浦橋上部工補強工を紹介したいと思います。

新神浦橋は、長崎市にある神浦川に架かっているアーチ橋です。

今回の工事は、橋の耐震補強工事で、地震が起こった時に橋が壊れないようにするために補強部材を取り付けたり、既設の部材を取り替えたりする工事です。

これは、突き出しているアンカーボルトを計測している写真です。
撮影しているのが私です。

この後にはアンカーボルトに合わせて作られた新しい部材が取り付くため、この計測がとても重要になってきます。先端に貼られたプレートをカメラが読み込んで計測してくれます。

手でひとつひとつ計測すると、とても大変なため、今回は早く正確に計測できたのでとても便利でした。私は初めてカメラを使って計測を行いましたが、新しいものや便利なものが出てきたらすぐに使えるように勉強していきたいです。

帰宅途中、晴れた日には夕日が海へ沈みます。

国道202号は、ながさきサンセットロードともいわれているようでとてもきれいな夕日が見られます。この夕日を見ていつも癒されています。

コロナ禍なのでなかなか遠出はできませんが、ドライブで一度訪れてみてはいかがでしょうか。

『四季の楽しみ方』 企画部企画課 畠添亜紀子

ご安全に。

季節の移ろいは早いもので、
桜もあっという間に終わり、次はしゃくなげですね・・・

入社以来、会社の先輩との各地での花見が恒例行事です。

ある年は、藤山神社へ

ある年は、しゃくなげ祭りへ

ある年は、ハウステンボスへ

夏:旅行

夏休みが長くて、本当に有り難いことです

韓国グルメ

エアーズロック登山

秋:長崎くんち

毎年10/7の朝、仕事が休めたら、諏訪神社のさじき席にいます。
一番感動する傘鉾。朝日に光るだし(飾り)、なびく垂れ(布)、美しい(ヨイヤー)です。

冬:海

海はいつでも綺麗ですが、
ホットコーヒーを飲みながら見る冬の海もまた、いいんです。
大島の隣、崎戸のお気に入りの場所から。

以上