大島がんばらんば日記
Blog

月別: 2012年10月

『キノコ狩り』 戦略的船舶技術研究開発本部 村山和孝

こんにちは、ノルウェーのオスロ事務所に勤務している村山です。
何故ノルウェーに?と思われるかもしれませんが、
当地の技術者やメーカーなどとの共同研究、ヨーロッパ各地での新規技術調査。
また、当社の顧客(船主さん)が多く営業や技術情報の交換のため、
ここノルウェーのオスロに2010年8月より赴任しています。

普段は妙に立ち姿のお行儀が良いノルウェー人に囲まれ仕事をしています。
さて、今日はノルウェー的休日の過ごし方をご紹介したいと思います。
こちらはすでに秋本番ということで、『キノコ狩り』に行ってきました。

出発前、ノルウェー人のキノコ先生が「毒キノコの見分け方は…」と講義をしてくれますが、
判断基準が多すぎて覚えられません。
最後には「少し食べてみてピリピリしなければOK」と言っていますが、味見はしたくないです。

森までの道のり、放牧中の馬が草食べていたり、自然を満喫しながら歩きます。

キノコ発見。

毒の基準は分かってないので、見た目おいしそうなやつを取った結果がコレです。
その後、先生による選別を受け、私のキノコは3割程度「食べてはならない」と判断されてしまいました。
晩御飯は収穫したキノコで「キノコ鍋」、ほんとは毒入ってんじゃないの?
と思いながら食べましたが、痺れも無くおいしかったです。

雪が降りクロスカントリーシーズンが来るまでしばらくは、週末のキノコ狩りを楽しみたいと思います。

『基本計画課の仕事』 《設計部基本計画課》 手塚雄一

ご安全に。設計部の手塚です。

私は設計部基本計画課という部署を預かっておりますので、
当課の仕事について紹介したいと思います。
基本計画課は計画、性能、計算、庶務と大きく4つのグループに分かれます。

・計画グループは、新船開発、見積もり、技術的商談を行い、
最終的に船を受注できれば、設計各課に設計できる情報を提供して、
設計スタートまでを担当します。
船の仕様書、一般配置図(外形図)もここで制作されます。

業務の性質上、顧客との技術的窓口にもなります。
ほとんどの資料やメールなどのやり取りは英語で行われます。

・性能グループは船の船型開発を行う、非常に重要な部門です。
特に水面下に沈む部分の形状は船の燃費性能に大きく影響しますので、
当社の省エネ性能の良し悪しはこの部門が握っているといっても
過言ではありません。
写真のような模型を使った模型試験を行って、性能確認、
船型開発を行う毎日です。

・計算グループは就航前の船の最終状態を数値に表わす部門です。
文章では分かりにくいのですが、重査と呼ばれる進水後の船の
完成重量検査を行った後、最終的にどのような性能の船になったかを
完成計算書を作って、顧客に渡します。
年間36隻もの船の計算をすべて担っています。

・最後に庶務グループです。
ここは設計部の事務処理を一手に握っており、
技術的な部門のほかの3グループとは少し趣が違いますが、
設計部門に関わる費用や時数などの管理をしています。
基本計画課は日々このような仕事をしています。