大島がんばらんば日記
Blog

年: 2022年

『休日の過ごし方』 総務部総務課 西村美和

ご安全に!総務部総務課の西村です。
私は主な業務として、役員に関する渉外業務(電話対応・来客対応)、スケジュール管理、役員の配車手配などを行っております。

総務課に異動してまだ日も浅く右も左も分かりませんが、役員の皆さんに顔と名前を覚えていただく事を今年の目標に日々精進しております。

さて、今回は仕事を離れて休日の過ごし方について紹介したいと思います。

コロナ禍もあり外出がしにくい今日この頃ですが、子供と一緒に恐竜展に行ってきました。

久しぶりの長崎市街はすっかり都会?になっており、今回の恐竜展が行われている出島メッセも2021年に開業した常設展示場複合型MICE施設となり、さまざまな会議や展示が行われる交流の拠点となっていました。

恐竜展に入るまでには何台もの非接触型の体温計・アルコール消毒が設置されており、安心して会場に進むことができました。

会場内では、恐竜の展示・空気で膨らんだアスレチックなど子供が喜ぶアトラクションがたくさんありました。

出島メッセの真向かいには新しくなった長崎駅があり今年の9月23日には新幹線が開業します。

当日は長崎市の上空を航空自衛隊のアクロバット部隊「ブルーインパルス」が祝賀飛行を予定しています。
この機会に空を見上げてみてはいかがでしょうか?

今年新しくなった長崎駅

今後も仕事とプライベートを大切にし、ワークライフバランスのとれた生活をおくっていきたいと思います。

『造船所の中で』 鉄構部生産計画課 前川清隆

ご安全に。 鉄構部の前川です。
鉄構部は、造船所の工場やドック設備を活用して、鋼製の橋梁や浮桟橋を長年に渡り
作り続けています。
また長崎県内には多数の長大橋があり、その維持補修の工事も担っています。

目下の課題は、将来の担い手不足問題でしょうか。

リクルートや広報活動も重要な業務になってきています。
ここ最近、力をいれたことは、鉄構事業部のパンフレットのリニューアルですね。
新入社員の現場体験レポートなどを織り込むなど、趣向を凝らした内容にしてみました。

鉄構事業部の新しいパンフレット表紙(背景は出島表門橋)

このホームページのトピックス:
2022年6月 『大村市杭出津で現場見学会を開催しました
もチェックしてみてください。

大村市の杭出津橋では縁あって岩手県の橋梁メーカーさんと、お仕事をさせていただきました。
その際、陸前高田市の津波伝承館を見学してきました。

東日本大震災津波伝承館
松林もきれいに植樹されていました。 遠い将来もう一度訪れたい。

生産計画課は、年齢層もばらばらの個性豊かなメンバーの集まりです。
それぞれの得意分野を補完しあいながら、一致協力して橋梁や浮桟橋を作り上げていきます。

このような『ものづくり』分野に興味があるかた大歓迎です。

『みんなでパンセ!』船殻工作部建造課 三澤謙太

ご安全に!

船殻工作部建造課の三澤謙太です。

↑武豊ばりの華麗な騎乗テクを魅せる私
将来の夢はジョッキー↑↑

出身は福岡県太宰府市、昨年から新卒で大島に来ました!

いやー大島は自然豊かでのんびりとしたいい町ですねー!
最高最高(>_<)
町民の方々は温かいです!!
また、会社の人も明るく・楽しく・面白い人がいっぱいです!!

↑同課の阿部さん、写真では伝わらないですが
高橋一生似!そして一児のパパ!
働く親父の背中は偉大です!
↑同期の艤装課の遠谷君、
ぱっちり二重がチャームポイント↑↑

このように明るく楽しい人がいっぱいです!

さて今回は私の実家で飼っている愛犬について紹介します。

名前はライト君、犬種はキングチャールズスパニエルです。
ライト君は当時流行った漫画「デスノート」の主人公、夜神月(やがみらいと)から取っています。
とても、お茶目でかわいい子でした(^_^)

餌を心待ちにしています。躍動感がGood↑↑
↑スヤスヤお休み中、いかにも着せられた感満載のパーカーもかわいい↑↑

さて愛犬だったライト君ですが、今年お別れをしました(T_T)
残念でしたが、生きとし生けるものの使命です。受け入れるしかありません。

しかし、悲しいのも束の間、新しい家族をお迎えしました!
名前はジャック君、犬種はキングチャールズスパニエルです。
ジャック君は親がつけた名前なので由来は不明です。

新しい家族のジャック君
ほとんどライト君と顔は一緒ですね。。。
これから帰省した時はよろしくね!

以上私のブログは終わりになりますが、かわいいわんちゃんの写真で(遠谷君の写真でも!?)閲覧していただく方々の癒やしになれば幸いです(^_^)

『趣味と休日の過ごし方』 基本設計部基本設計1課船体計画四係 中村龍太郎

ご安全に!

基本設計部基本設計1課の中村龍太郎です。


私は主に船舶の初期計画・計算や引き合い業務等の仕事をしています。
いずれも船の受注に直接影響のある業務であるため、日々奮闘しております。

今回は、私の趣味と休日の過ごし方について紹介したいと思います。


私は車とバイクが子供の頃から好きで、 入社1年目でバイク(SUZUKI SV650)を購入し、外観のカスタムにも着手。そして2年目には憧れの車(MAZDA Roadster)も購入しました。
休日はだいたいどちらかを乗り回しています。

バイクは父親と共通の趣味であることから、一緒に長崎県内をツーリングしたり、時には九州の他県に遠距離ツーリングをしたりしています。


一番印象に残っているツーリング先は熊本県の阿蘇です。

景色はもちろん最高で、夏でも比較的涼しい気候であることから、バイク乗りには特におすすめのツーリングスポットです。

また、車やバイクで近場から他県まで幅広い場所に行ったことがきっかけで、近年新たに景色巡りの趣味も増えました。

絶景と名高いスポットから、(写真は阿蘇の景色)

身近に存在するプチ景色スポットまで、(写真は長崎県佐世保市弓張の丘からの景色)

車やバイクで道中を楽しみ、目的地に到着したら景色を楽しむという非常に楽しく効率的な休日を過ごしております。
九州には他にも景色の良い場所が多いことから、当面は九州制覇を目標に頑張っていきます。

『休日の過ごし方』 資材部大島資材課 長野壮馬

ご安全に!
入社2年目 資材部大島資材課の長野壮馬です。
私の主な仕事内容は、船のファンネルや船内の防熱工事などの発注管理を行うことです。
1日でも早く一人前の資材マンになるべく日々勉強中です。

さて、今回は私の休日の過ごし方について紹介をしたいと思います。
私はドライブが好きなのでよく遠出をしています。この間も山口県の唐戸までドライブ。
市場で食べる魚は新鮮でとても美味しかったです。

また、最近は新しい趣味を見つけるためにキャンプを始めてみました。
この日は先輩と西海市の尻久砂里海浜公園で2回目のキャンプ
自然の豊かな長崎はキャンプにはもってこいです。

他にも、休日にはよく仲の良い同期と集まって飲み会やBBQを開催しています。
お互いの仕事の話やプライベートの話を気兼ねなくでき良いリフレッシュになっています。
こうして同期と集まれる機会を大切にしています。

今後も仕事とプライベートの両方を充実させていきたいです。
ご安全に!

『地元紹介』 船装設計課装置係 岡本哲汰

ご安全に。
設計部船装設計課装置係の岡本です。

私は船員さんが生活する居住区という区画の配管を主に設計しています。

早速ですが、今回私の地元である島原半島を紹介したいと思います。

島原半島はとても自然豊かで、食べ物もおいしく、とても良い町です。
その中で私のおすすめスポットを3つ紹介します。

まず1つ目が、雲仙市にある『狸山まんじゅう』のかき氷です。

ここでは饅頭ももちろん人気なのですが、なんといってもかき氷は一番人気があります。

友達と食べに行き、ティラミス、黒糖きなこ、ミカンとマンゴーを食べました。

テイクアウトもできますが、テイクアウトと店内で食べるのではメニューが変わってきます。

私は店内で食べる方をおすすめします。

これからの夏のかき氷シーズンになると行列ができ、待ち時間が1時間以上になることもありますが、島原半島に行かれた際は是非食べてみてください。

2つ目におすすめするところは、『鶏の白石』です。
『鶏の白石』は、南島原市 布津町に本店があり、島原市に2店舗ある有名な唐揚げ屋です。

こちらの唐揚げ定食が食べられるのは布津町の本店のみで、島原市にある店舗はテイクアウトがメインとなっています。

島原半島で食事をとる際は是非、『鶏の白石』へ。

最後に紹介するところは、『スーパー井上』のフルーツサンドです。

とてもボリュームがあり、新鮮な果物を使用しているためとてもおすすめです。
また、季節によって挟んでいる果物が変わるようですのでそこも楽しめるかと思います。

他にも、寒ざらしや具雑煮など島原半島にはおいしい物がたくさんありますので休日に島原半島へお出かけしてはいかがでしょうか。

『仕事内容について』 艤装工作部運転課 矢野大地

ご安全に。
入社7年目 艤装工作部運転課の矢野です。
私は、船が航行する際に必要不可欠なプロペラや舵、それらの動力源である主機の据え付け業務を行っています。

今回は、私の仕事の内容について紹介します。

軸芯仮見通しの風景です。

軸芯仮見通しとは、船の主機を据え付ける場所を決める、とても緊張感があり、重要な仕事です。

主機搭載の風景です。

ゴライアスクレーンを使用し船に搭載していきます。

プロペラ搭載の風景です。
レッカーやクレーンを使用して搭載します。
プロペラを落とさないよう事前検討を行い、傷をつけないように慎重に搭載していきます。

その後、圧入検査という、入れ込み検査を受検しとりつけます。

いよいよ進水です。
進水したら、実際に船が浮くため、主機と軸を設計通りになるように、調整していきます。
その後、主機をチョックファーストで固めていきます。

実際にチョックファーストを流している様子です。

どの作業も緊張感があり、少しのミスが大きなトラブルに繋がりますので、責任感をもって業務に取り組んでいます。


運転課の先輩方は、みんな優しく、分からない事・不安な事は気軽に質問・相談ができる雰囲気です。

これから、暑く大変な季節がやってきますが、熱中症に気を付け、安全作業で取り組んでいきます。

『インドア派の休みの過ごし方』 設計部電装設計課電装詳細係 永松昌一

電装設計課の永松です。
主に電気機器機器の取付台の作図業務を担当しています。

さて…GWです!

ブログを書くにあたり色々考えた結果、趣味について書いていくことに決めました。

突然ですけどGWなんかの連休に入る前って色々やりたいこと考えるけど
いざ休みになるとダラダラして過ごして終わってしまう事ってありますよね
( ゚Д゚)

そんな休みも魅力的ではありますが、私の好きなことをあげていきます(^^♪

自分で言うのもなんですが、子供がそのまま大人になったみたいなものですので
趣味も…

ゲーム
プラモデル
読書 などなど…

その中でも今回のテーマは… ドン!

”積みプラを崩せ”です!!


積みプラってワカリマスカ?( ゚Д゚)

簡単に言うと買って作らずにそのまま置いているプラモデルです。

一部ですがこんな感じ…。

箱も大きいためかなりの場所をとります。

作る数より買う数が多かったらそりゃたまっていきますよね。

新作出るんだからしょうがないですよね!!

しょうがない!!(‘ω’)ノ

今回は・・・・君に決めた!

みんな大好きリックドム!!

最近のプラモはよくできています。

接着剤もいらないし色分けもきちんとされていて

作るだけでそれなりのものが出来上がるってわけです。

私の子供の頃のプラモなんて白一色とかだったのに・・・

さて早速作っていくわけですけど… 説明書なんて飾りです。

必要なパーツ全部切り落としてしまいましょう。

でもちゃんとパーツは分けておきますよ。

さてここまでですでに作り始めてまるっと2日経っております。

切り落としたらあとはパチパチ組み立てるだけです。

途中で色々アレンジを加えた結果
(色々ってあれです…! 色々です ( ゚Д゚) )

完成!
シャア専用リックドム

なんだかんだで製作日数は5日。

連休を費やして出来たのは1体!

まぁ連休がないとこんな感じにじっくり作ることもないので・・・

良かったのではないでしょうか・・・

さて今回のテーマ

積みプラを崩せ!   ですが

積んだプラモが家からなくなる日は来るのでしょうか・・・

それでは今回はここまで!

またいつか。