大島がんばらんば日記
Blog

『面白い大島、漁船建造進出か!?』 生産革新部生産革新課 橋口亀三朗

ご安全に!生産革新課長の橋口(55)です。
私の造船勤務も早40年となりました。
その間、数々の船種船型でブロック建造施工計画を手掛けてきました。
今回は、「面白い大島」には何でも経験させたがる辣腕H副社長の“鶴の一声”で、
漁船ならぬ作業船(10TON)の老朽化に伴うリプレース建造を、
入社1~2年生社員を中心に、大島工場内にて建造した事を紹介します。

本作業船は、570ピースの部材で製作されます。
小組定盤上にて広げられた船殻部材の数々です。

いよいよ組立開始、見事な枠組み!之が船の肋骨構造です。

次は外板を1枚1枚張り上げていく作業です。
作業者に尋ねると、板厚が薄いので巻き付けは容易いが、
溶接はやはり歪の発生がすごいとの事、
歪取り職人の出番です!腕の見せ所です。

どうです、綺麗に仕上がっているでしょう。
大島には腕のいい職人さんがいるんです。
繁忙のなか、いざ建造となれば皆さん職工魂がムラムラと、
それぞれの持ち場で「いい仕事、してますネ」
船名も辰年にひっかけ「飛龍」と命名。
あとは最終塗装で終了です。

進水日が11月9日仏滅と決まりました。
あれ?進水は大安吉日が慣例では!

我が大島造船所は、発注さえあれば漁船も作るぞってか!?

関連記事

『ヨーロッパ出張』 設計部基本計画課 小椋直樹

ご安全に!今回ブログ更新を担当する入社4年目設計部基本計画課の小椋です。 普段は大島工場内の設計事務所内で業務をしているのですが、 今年9月1日~9月12日の間、新規顧客(船主)獲得キャンペーンのため、 住友商事の方々と …

続きを読む 

『橋梁工事』 鉄構部工事課 久鍋剛

みなさん、ご安全に!! 鉄構部工事課の久鍋と申します。 鉄構部は、公共工事の内、鋼製の橋や浮き桟橋などの製作・施工に携わっている部署です。 私は、その中でも工事課として架設工事に従事しています。 今日はみなさんに鋼橋のご …

続きを読む 

『管工場の若き職人達』 工作部艤装課 森山進

ご安全に! 入社5年目の森山です。 工作部艤装課のスタッフとして、管工場(内作係)の工程管理を担当しています。 大島造船所の船に必要なほとんど全ての配管を総員約60名で製作しています。 (中央で2列目に収まっているのが筆 …

続きを読む