大島がんばらんば日記
Blog

『面白い大島、漁船建造進出か!?』 生産革新部生産革新課 橋口亀三朗

ご安全に!生産革新課長の橋口(55)です。
私の造船勤務も早40年となりました。
その間、数々の船種船型でブロック建造施工計画を手掛けてきました。
今回は、「面白い大島」には何でも経験させたがる辣腕H副社長の“鶴の一声”で、
漁船ならぬ作業船(10TON)の老朽化に伴うリプレース建造を、
入社1~2年生社員を中心に、大島工場内にて建造した事を紹介します。

本作業船は、570ピースの部材で製作されます。
小組定盤上にて広げられた船殻部材の数々です。

いよいよ組立開始、見事な枠組み!之が船の肋骨構造です。

次は外板を1枚1枚張り上げていく作業です。
作業者に尋ねると、板厚が薄いので巻き付けは容易いが、
溶接はやはり歪の発生がすごいとの事、
歪取り職人の出番です!腕の見せ所です。

どうです、綺麗に仕上がっているでしょう。
大島には腕のいい職人さんがいるんです。
繁忙のなか、いざ建造となれば皆さん職工魂がムラムラと、
それぞれの持ち場で「いい仕事、してますネ」
船名も辰年にひっかけ「飛龍」と命名。
あとは最終塗装で終了です。

進水日が11月9日仏滅と決まりました。
あれ?進水は大安吉日が慣例では!

我が大島造船所は、発注さえあれば漁船も作るぞってか!?

関連記事

『ドイツ出張』 工作部生産管理課計画係 福山あすみ

ご安全に!入社6年目、生産管理課計画係の福山です。 普段の業務では、工程管理や外注計画を行っています。 今回は、出張でドイツに行った話を紹介します。 先日、ドイツのハノーバーで行われた 世界最大規模の国際産業展示会に情報 …

続きを読む 

『青島北海造船所でのDRY DOCK立ち会い』 製品保証部 アフターサービス課 岩永健一

こんにちは!アフターサービス課の岩永です。 当社建造の船が中間検査のため、中国の青島にある北海造船所に入渠したので、 訪船してきました。青島港は霧に覆われ視界が悪くなる事が多く、 酷い時には港が一時閉鎖される事があります …

続きを読む 

『漏れなき大島を目指して』 工作部艤装課 岩本拓也

ご安全に!入社3年目の岩本です。 工作部艤装課のスタッフとして、叱咤激励を受けながら 日々現場を走り回っています。 私が担当している艤装係では機関室内の配管・交通装置の 艤装(運行に必要な装備を船体に取り付けること)を行 …

続きを読む