大島がんばらんば日記
Blog

『新ドックゲート渡り初め』 設計部船装設計課管艤G  鎌田和伸

こんにちは!
入社3年目の鎌田です。

私の仕事は、船の船体部(エンジンルームを除いたその他全て)のパイプを
どのように配管するか、計画し系統図を作成することです。
日々悪戦苦闘しながら頑張っています。
さて、題名にもありますように、今回は新ドックゲートの渡り初めについて
お話したいと思います。

まず、ドックとは船を建造するスペースです。
そのドック内に海水を張り、建造船を浮かばせ海へ進水させるという
方式を当社では採用しています。詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.osy.co.jp/shipyard/

旧ドックゲートは開所後40年、一度も造り替えられずにずっと使用されて来ました。
今回、そのドックゲートが造り替えらえるにあたり、一昨年から設計に携わってきました。
そして、ついに完成を迎え渡り初めを行いました。
人生初のテープカットを経験しました。一番手前が私です。
(もうこれ以降はないでしょう・・・が、残念な事にいいタイミングで目をつむってしまいました・・・)

前ドックゲート同様に40年、ずっと残るといいなと思いながら、
参加者全員でドックゲートを往復し、最後に記念撮影をしました。

入社3年目にして、ドックゲートのような形に残る仕事を任されたことで
大きなものを得ました。
今回の設計で得たことを糧にして、日々より良いアイデアを
出して行けたらいいなと感じています。

関連記事

『管工場の若き職人達』 工作部艤装課 森山進

ご安全に! 入社5年目の森山です。 工作部艤装課のスタッフとして、管工場(内作係)の工程管理を担当しています。 大島造船所の船に必要なほとんど全ての配管を総員約60名で製作しています。 (中央で2列目に収まっているのが筆 …

続きを読む 

『皆様いつもお世話になっております』 製品保証部アフターサービス課 下峰 ひろみ

こんにちは 皆さん。 製品保証部 アフターサービス課の下峰です。 アフターサービス課での主な業務についてご紹介致します。 ここでは、弊社にて建造された船舶が船主殿へ引き渡されてから1年間の 就航期間中に発生した不具合を解 …

続きを読む 

『資材マンの鍛え方』 資材部大阪資材課 七沢壮

ご安全に!資材部大阪資材課の七沢です。 資材部の主な業務は、船を造るのに必要な品物を調達することです。 と、仕事を説明するのは簡単なのですが・・・。 良い品質のものを、納期通りに、少しでも安く買うためにはどうすれば良いの …

続きを読む