大島がんばらんば日記
Blog

『机上の光景と昔話』 設計部PM設計課 山本昭典

今回はベテラン(年寄り)社員の中から投稿することになりました。
設計部 PM設計課 山本です。 来年3月で入社40年になります。
今回はこの40年の様変わりを少し紹介します。
まず机の上の紹介から。

右端のディスプレイは3D-CAD用、真ん中と左端がPC用です。
先ず一言、40年前には考えられなかった光景です。

次の写真は船の3Dモデルです。

居ながらにして設計各課の図面を閲覧出来ます。
2台のディスプレイで閲覧も楽々。

多数隻建造の一端を担う貴重な装備です。
さて、突然ですが、ここで昔話に入ります。
40年前、机にはトレーシングペーパーと鉛筆、三角定規、芯磨ぎ器、字消し板。
今では博物館ものですね。
これらの道具でせっせと図面を描いていたわけです。
新人のころ、図面が出来上がる頃には、鉛筆の粉で汚れたトレーシングペーパーが
灰色に染り、消しゴムの後が飛行機雲のようになり
「なんじゃこりゃ!」と指導員に良く言われたものです。 
時にはトレーシングペーパーが破れることも・・・。
ですからやっぱりCADは便利な道具なのです。

しかし導入された当時は悪評がいっぱいで、「こんなものは使えない」
「年寄りには向かない!」という抵抗勢力が大勢。
ところが今は大違い。CADの隠れた特性は老眼にも極めて有効なのです。

ただ、便利になった反面、CAD世代の若者がなにか得そこなっている?
と感じているのは私だけでしょうか。

関連記事

『もうすぐ架けるよ!スタンバイOK!?』 鉄構部計画課 吉内丈史

ご安全に!鉄構部計画課の吉内です。 私は船ではなく、橋梁を担当しています。 今回は現在担当している「田尻高架橋」についてご紹介します。 この橋は、長崎県雲仙市から諫早市にかけて建設が進められている 「愛野森山バイパス」の …

続きを読む 

『ドイツ出張』 工作部生産管理課計画係 福山あすみ

ご安全に!入社6年目、生産管理課計画係の福山です。 普段の業務では、工程管理や外注計画を行っています。 今回は、出張でドイツに行った話を紹介します。 先日、ドイツのハノーバーで行われた 世界最大規模の国際産業展示会に情報 …

続きを読む 

『お客様の声』 品質保証部アフターサービス課 中野 邦洋

こんにちは。 入社24年目となりました、アフターサービス課の中野です。 私達アフターサービス課は、建造した船を引渡した後のお客様窓口として活動している部署になります。 我々のような製造業の大切な仕事の一つとして、実際に使 …

続きを読む