大島がんばらんば日記
Blog

『ハングリーであれ 愚か者であれ』総務部総務課 T・S

謎のタイトルだと思いましたね。
これは僕が尊敬しているスティーブ・ジョブズの言葉 “Stay hungry, stay foolish” の和訳です。

がんばらんば日記をご愛読の皆さまこんにちは、
大島造船所のTです。

もうすぐ30歳のピクニック風景



僕の所属する総務課ではWebサイトの管理を所管しているので、いつもは会社のみんなが練り上げた記事をこの日記に掲載する仕事などなどをしています。

今回、「練り上げる側の気持ちを知るのも悪くない」ということで、管理者自ら練りに練り上げてきたというわけです。

ちなみに僕は現在、大都会・東京事務所で勤務しています。

これまでは、のどかな自然に囲まれた大島にある本社で勤務していたので、ジョジョの奇妙な冒険1部→6部にいきなり飛んだみたいな感覚です。

落ち着くんだ・・・『素数』を数えて落ち着くんだ・・・
『素数』は1と自分の数でしか割る事のできない孤独な数字・・・・・・

みたいな感覚ですね(元ネタがわからない人すみません、ジョジョ読んでください)。


冗談はさておき、せっかく東京事務所に居るということで
東京事務所の周辺や日常風景をテーマに趣味で作成した動画を載せておきます。
※映像の一部は緊急事態宣言以前に撮影したものです



僕が担当している仕事のひとつが「Web広報」です。
皆さんにご覧いただいているWebサイトや、
この「がんばらんば日記」は、いわゆるWeb広報のひとつです。

Webを通じて、当社と関わりのあるすべての方々へ情報の受発信をすることで、当社がより円滑に事業活動を行い、ひいては世の皆さまへ貢献する。

最近ではYouTubeをはじめとする動画共有のためのプラットフォーム、そしてそれにくっついてくる広告も含め、「動画」を用いた情報発信は急拡大しています。

“世界的ですもんね
乗るしかない このビッグウェーブに”

ということで、
今後動画による情報発信を推進していければいいな~と個人的に思っているところです。

これから日記を書く社員の皆さん!
写真だけでなく動画もOKですよ。お気軽にご相談ください!



総務課というのは大変不思議な部署です。

乱暴な言い方ですが、例えば設計部は船の設計をするのが得意。
工作部は、船を組み立てて作り上げるのが得意。
財経はお金、人事は人、情報システムはIT、・・・・・・

会社にある部署は、みんなそれぞれ得意分野があります。

一方で、会社では、時代や環境の変化によって、
次々に新しい「やらなければならないこと」が発生します。

もしその「やらなければならないこと」、どの部署も得意じゃなかったら、
一体誰がその仕事をするべきなのでしょうか。

そんなときに活躍するのが、僕たち総務課です。

誰も得意じゃないかもしれない、でも誰かがやる必要がある、
そんな仕事に対し真っ先に手を挙げることができる唯一無二の部署なわけです。

Web広報という仕事は「誰も得意分野にしていないけど、超重要なもの」
こういった仕事は僕らにとってのお宝のようなものです。
愉快な仲間たちと宝探しの日々ですね。

総務王に俺はなる!!!(ドン!!)



今回はほんの一部ですが、総務課のいち担当者が、
日頃どんな気持ちで仕事をしているかをご紹介しました。

これを見て、

ぶっちゃけ仕事ってつまらないものだと思ってたけど
なんか面白そうかも?



と思ったそこの迷える就活生諸君、中々イイ線いってるぜ


今すぐ↓のリンクから採用情報をチェックしてみてください!
明るく強く面白く、一緒に宝探ししましょう。



最後に、2021年4月に当社へ入社してくれた新しい仲間たちと、リモートで歓迎会をしたときの写真を載せておきます。

ようこそ大島へ!楽しくやっていこうね。

ではまた会う日までごきげんよう、総務の土岐でした。

関連記事

『2017年花見』 船舶営業部業務課 I・K

大島造船所に転職してきて3年目になります。 私の所属する部署は船舶営業部業務課です。 私たちの大切な仕事の一つに監督さんとのやりとりがあります。 時にはケンカになりそうなほど緊迫したやりとりを強いられることもありますが、 …

続きを読む 

『太宰府へ秋のお出かけ』 総務部労務厚生課 M・T

ご安全に。 総務部労務厚生課のMです。 休日は気分転換も兼ねて県内外にドライブに行きます。 先日、友人と太宰府へ遊びに行きました。 お目当ては学問の神様で有名な太宰府天満宮・・・ではなく、 お隣の九州国立博物館(九博)! …

続きを読む 

『大島ライフ』 設計部基本計画課計画グループ K・K

入社6年目設計部基本計画課のKです。 今回は大島での日常私生活を少し紹介させて頂きます。 (設計)計画屋として、常に時代のニーズに対応できる技術者を目指すため(という口実で笑) 常にアンテナを張って、いろいろな事に目を向 …

続きを読む