大島がんばらんば日記
Blog

『鋼の橋』 鉄構部品質保証室 宮﨑庄司

ご安全に!鉄構部 品質保証室の宮崎です。
鉄構部は、公共工事のなかの浮桟橋や鋼鉄製の橋を製作し、
架ける仕事をしています。

品質保証室は、工場で製作された橋の部品(部品といっても10m程度の大きさ)が
図面通りの寸法、決められた品質でつくられているかチェックする部署です。
私が仕事で使っている道具です。

道具選びは重要で、大きくても小さくてもだめです。
精度良く計測出来ることはもちろんのことですが、
自分の間隔としてちょうど良い大きさ重さというのがあるので、
納得した物を使うようにしています。
これらの道具をつかって溶接に不具合がないか、徹底的にチェックします。

部品が完成したら、工場の中で一度組立を行います。
この作業を仮組立てといいます。

仮組立てを行うことで、取り合いの不具合がないか全体的な確認をします。
このときに設計図通りに出来ているか全体の寸法を確認します。鋼は温度によって伸び縮みするので、全体の温度が一定になる夜間に計測を行います。寸法精度は非常に高く、たとえば50mで誤差±1cmに収まるように製作しています。

我々の部署での仕事内容はあまり目立たないものですが、
社会資本として長期にわたって使われるものですから、
そのための品質が必要です。
これからも良いものをつくっていきたいと思います。

関連記事

『ヨーロッパ出張』 設計部基本計画課 小椋直樹

ご安全に!今回ブログ更新を担当する入社4年目設計部基本計画課の小椋です。 普段は大島工場内の設計事務所内で業務をしているのですが、 今年9月1日~9月12日の間、新規顧客(船主)獲得キャンペーンのため、 住友商事の方々と …

続きを読む 

『2017年花見』 船舶営業部業務課 池田久美子

大島造船所に転職してきて3年目になります。 私の所属する部署は船舶営業部業務課です。 私たちの大切な仕事の一つに監督さんとのやりとりがあります。 時にはケンカになりそうなほど緊迫したやりとりを強いられることもありますが、 …

続きを読む 

『イベント、大造バーベキュー!』 工作部組立一課 鬼束俊介

入社6年目の鬼束(27)です。 工作部組立1課に所属し、加工工場から運ばれてくる部材を組み合わせて 小さなブロックを造る小組工場の工程管理を担当しています。 早速ですが、私は仕事以外にももう一つ会社で活動している事があり …

続きを読む