大島がんばらんば日記
Blog

カテゴリー: プライベート

『第27回工作ゴルフコンペ』 工作部艤装課 渡邉範弘

みなさん、ご安全に。
工作部艤装課の渡邉です。
今月の8/2(月)に開催された「大島造船所 工作部ゴルフコンペ大会」の
模様をご紹介させて頂きます。
この大会は年に1度開催され、今年で27回目となります。
会場は佐賀県武雄市の武雄嬉野カントリークラブ。
参加人数は36組(142)名と社内、社外から大勢参加していただきました。

コースは貸し切り。1,4,7,10,13,16番ホールから、6組が同時に
スタートするショットガン方式で行われました。
先ずは打順決め。ティーを投げ、着地した時の向きでオナーを決めることで全員合意。
空高く舞ったティーは着地寸前、野中副工場長のドライバーにヒット。
そして、不運にもティーの先は私を指していました。朝一オナー決定。
緊張しながらの一打目。
案の定、ボールを引っかけて左の林の中へ、ああ~~。
結果、スタートホールはトリプルでした。
しかし、その後は気を取り直すことができ、前半は順調にボギーペース。

後半の山場はIN13番のドラコンホールです。軽い左ドックレッグ、
スライサーの私には厳しいですがコース左端を狙ってフルスイング!
いいあたりで残り約60ヤード地点へ落下し権利獲得。表彰式が楽しみです。

最終ホールは3番のショート。うだるような暑さで疲労困憊した体には
ショートホールのありがたさが身にしみます。
最後の力を振り絞りなんとかパーでホールアウト。

プレー後は「日本三大美肌の湯」で知られる嬉野温泉で焼けた肌も気持ちもリフレッシュ。
さて、お待ちかねの表彰式。優勝は相浦機械の川崎さんでした。
私は目標としていたドラコン賞を獲得!
フルーツセットをいただきました。

酷暑の中でしたが楽しいゴルフができました。今回参加していただいた皆様、
武雄嬉野CCさん、本当にありがとうございました。

?

『ホームパーティー』 人材開発センター  温 波

ニーハオ!
入社3年目の温 波(オン パ)です。
先日、会社の同僚ホシナさんの家で久しぶりに『料理愛好会』が開かれました。
今回は“手作り、美味しい、且つヘルシー”という主旨だったので、肉まんも皮から種ま
で手作りしました。ホシナさんの奥さんに習って(右側は私です)、みんなとワイワイ言い
ながら、楽しく肉まんを作りました(*^_^*)。↓↓

主食の肉まん以外には次のものを作りました。
(1)手羽先の照り焼き
上司のヨウさんが持参した「油を使わなくても何でも上手に焼ける魔法の鍋」を使って、
レンジで調理しました。

(2)アワビときのこのバター焼
バターで炒めて、味付けは塩胡椒だけ。この味付けはまた絶品です★。

(3)イカソ-メン
ホシナさんが釣りった新鮮なイカを使って、イカソーメンを作りました。

(4)中華サラダ
材料は胡瓜スライス・春雨・錦糸玉子、調味料は黒酢・すり胡麻・塩胡椒で仕上げたヘルシー
な逸品です。

(5)薬膳スープ
生ピーナツ・手羽先・椎茸・干しホタテ・クコを使って、広州の代表的な薬膳スープを作りました。
↓↓

食後のデザートはみんなの大好物→→チーズケーキ♪。濃厚で丁度いい甘さの一品です。
↓↓

みんなで頑張って作った“日・中・洋”のフルコース料理に舌鼓を打ちました。とても美
味しくて、大満足でした♪。

料理を先輩の皆さんのように上手になりたいので、日々腕を磨きたいと思います。

『トマトの味って』  農産事業部技術科 玉越賢太郎

その日はもうすぐ3歳になる娘と柑橘類や大島トマトの食べ比べ。
農産事業部の仕事上、なかなか休みも取れないので子供にとっては就寝直前の夜9時から
の開始となった。

『清美』『マーコット』『不知火』『温州』『日向夏』『甘夏』『河内晩柑』の順で食べていっ
た。後に行くほど酸味も増していったが、いずれも糖度は11~14度と高く、外観ともにレ
ベルは高い。

最後に大島トマト。糖度は10度で立派なフルーツトマトである。
味は濃いので、美味しさでは日向夏と甘夏の間くらいと感じていたが、娘のフォークは止
まっていた。
「こっちの方が甘いからトマトまだ食べてみる?」
「※もう食べてみらん」
最近唇が荒れているらしく、そう言えば甘夏くらいから酸味が強くやや食べづらそうだっ
た。

大島トマトはファーストという種類のトマトを使っている。桃太郎などと比べると酸味が
あり、ゼリー部分も少ない。そのため、甘味と酸味のバランス、粘質の食感が美味しいの
だが、最近は、「甘い=美味しい」であり、まして子供には酸味は嫌われる。イチゴがいい
例である。やっぱり甘いだけがいいのか・・・。

酸味と旨味が分からないとは「子供め」と思ってはみたものの、苦労して栽培しているだ
けに、『口にしみるトマト』と言われるとやはりショックであった。

※「もう食べてみらん」→「もう食べない」の意味

『大島ほのぼのエギング隊』   工作部生産管理課 田中康浩

こんにちは!
入社7年目のタナカ(30)です。
(黄色の帽子がボクです。)

2010年5月某日に行われた、「大島ほのぼのエギング大会」をレポートします。

当日の天候は曇り。ちよっと肌寒いかなぁ。
大島大橋の北側にある防波堤に。

足場も良く、駐車場からも近いので家族連れにも人気のスポット。
足元には、真新しいスミ跡も・・・。

メンバーは、会社の同僚とその家族の男6名,女性4名,
シンさん家のナナちゃん(1)。


セミプロから初釣りまで、総勢11名。

?AM6:30、エギングスタート。
向かい風が強く、状況はシブイ。

?

釣り始めから30分。さっそく、ハマダプロに、500グラムクラスがヒット。
さすがです。m(__)m

その後も、ぽつぽつと3時間で5杯。
今回の優勝は、↓フェさんの750グラムでしたぁ~。